比較して分かる千葉のお得なガス料金

比較すると一目瞭然千葉のガス料金はお得です

プロパンガスの場合の千葉のガス料金

燃料ガスを利用する選択肢としては、都市ガスとプロパンガスがあります。千葉県でも都市部やニュータウンなどでは都市ガスが供給されていますが、一方で郊外においてはプロパンガスが主力です。ガス料金としてはプロパンガスの基本料が1500円から1800円程度し、従量単価も500円以上が相場なのに対して都市ガスは基本料が1000円前後で、従量単価も300円程度と安価です。理由としては、都市ガスは配管を行うとそのあとに掛かるメンテナンス費用が小さいためです。一方でプロパンガスはガスボンベを使用に応じて定期的に交換する必要があるため、一定の人件費が掛かります。ただしプロパンガスは独立したボンベから燃料ガスが供給されているので災害に強いといったメリットがあります。

燃料ガスを利用するには? ガスの種類

燃料ガスは料理をする時に欠かせない熱源であり、料理のほか給湯や近年は家庭用発電にも使われています。燃料ガスを利用するためには、一般的にはプロパンガスと都市ガスがあります。プロパンガスはガスボンベに燃料ガスを詰めて各家庭に供給されるもので、ガスがなくなれば再充填したガスボンベに交換され、燃料ガスを利用するというとうものです。一方で都市ガスは配管によって供給されるもので管を接続すればガス切れを気にすることなく利用することが可能です。都市ガスは整備されている地域が限られているので、都市以外ではプロパンガスを利用するケースもありますし、またプロパンガスの利便性から都市ガスが整備されている地域でもプロパンガスが使われているケースもあります。千葉県の場合には都市ガスよりもプロパンガスの方が普及していることもあって、ガス料金ではケースによってはプロパンガスの方が安くなるケースがあります。

プロパンガスと都市ガスの料金について

プロパンガスと都市ガスのガス料金の仕組みとしては基本料金と従量料金からなります。基本料金はガスメーターやガス容器、調整器、高圧ホースや供給配管のための設備の償却費用や保安にかかる費用などです。これはガスの使用の有無にかかわらず必要とされます。一方で従量料金は実際に利用したガスに掛かる料金です。基本料金は千葉県では都市ガスは1000円程度で従量単価が300円程度が相場となっています。一方でプロパンガスは基本料金が1500円から1900円程度と地域によって差があり、また従量単価も500円以上と都市ガスに比べると、かなり高くなります。この理由としては人件費が大きく影響しており、プロパンガスではガスボンベを使用に応じて定期的に交換をしなければならないためです。