比較して分かる千葉のお得なガス料金

比較すると一目瞭然千葉のガス料金はお得です

全国平均を100とした千葉でのガス料金

ガスは可燃性のエネルギーの中ではもっとも安価に手に入れることができる燃料として知られます。一方でガスは料金を下げる余地が少ないエネルギーにもなり、地域によっては価格が高止まりしている傾向にあります。また電力などとは異なり複数の会社がガス供給に参入しているため、ガス料金がわかりにくいものでもあります。千葉の場合には全国と平均を100とすると、97程度と安めですが、一方、関東の平均を100とすると102と高くなります。特にプロパンガスはその傾向が顕著になってきます。都市ガスに関しては大規模な都市部であれば、需要も大きいため価格が下がる傾向にあり、特に京葉工業地帯に近い地域では、家庭用ガスのほか工業用にもガスが供給されているためガス料金も低めに設定されているメリットがあります。

千葉でガスを利用する選択肢について

燃料ガスを利用する場合の選択肢としては、プロパンガスと都市ガスがあります。都市ガスはガス配管によってガスが供給されるものであり、プロパンガスはボンベによってガスを供給する仕組みです。プロパンガスは交換しなければならない都合上、コストがかかるため料金は都市ガスよりも高めに設定されています。またガス会社によって料金の違いが大きく出るものといえます。一方で都市ガスは、プロパンガスと比べて価格が安いのが大きなメリットで、おおむねプロパンガスよりも3分の2程度の料金で利用することができますが、反面でほぼ地域で独占しているため選択肢がありません。またガス配管によって供給されるため、災害に弱いといったデメリットがありますが、熱源を得るためのエネルギーとしてはもっとも安価に購入することができる手段といえます。

千葉でのガスの選択肢と料金相場

ガス料金は地域によって差が出る傾向にあります。この理由としては会社の規模が電力会社などと比べて小さいところが大きく、また自由に価格が設定されるためです。また都市ガスの場合には地域で独占している関係もあって選択の余地がありません。一部ではガスの自由化が行われ都市ガスでも供給会社の選択が可能になりますが、それでも料金そのものが大幅に下がる可能性は低いといえます。千葉での料金の平均としては、プロパンガスが基本料1500円前後、従量単価500円前後であり、都市ガスでは基本料1000円前後、従量単価が300円前後が相場となっています。ここでネックとなるのが基本料の存在で、基本料にはメンテナンス費用や設置したさいの設備投資費用の償還などが含まれており、会社によって大きく変わってきます。

ガスを使っておいしい料理を楽しくレッスン、東京ガス料理教室!受講費以外の入会費年会費などは不要!お申し込みはこちら エネファームやエコウィルを使おうと思っているあなたへ!京葉ガスだけのお得な料金メニューがございます 京葉ガスをご利用中のあなたへ、現在のガスの利用料金確認や、過去と現在の利用料金を簡単に比較したいと思いませんか?そんなあなたにウィズ京葉ガス ガス料金をもっとお得に、千葉のガス会社【京葉ガス】